2008年12月08日

どこからきましたか?

皆さんのwanちゃまはどこから迎えましたか?

ママwanがどんなwanちゃんか会わせてもらえましたか?




ありしあです。

あたしは ママのことを覚えていません。


暗〜いお部屋に、
ステンレス製のケージが、縦に3段、
横には数えきれないほど たくさん並んでいました。


たま〜にしか貰えないご飯、取り替えてもらえないお水。
お水が無くなったことに、気づいてもらえなくて弱っていくコ。


ボクだけにでも「ご飯をちょうだい!」って一生懸命おじさんにシッポを振っているコ。


「ご飯も、お水もくれないなら 逃がしてくれ!」と言わんばかりに吠えながらケージに体当たりしているコ。


お水が無くなったことさえ気づいてくれないくらいだから、
あたしは生まれてこのケージに入れられてから
お外に出してもらったことなんて、 ありません。


オシッコも、ウンチも、ずーーーっとそのまま。



あたしはそういう所で育ちました。
怖くて怖くて不安なときは、自分のシッポを追いかけると
気持ちが紛れました・・・・・・









ある日、たくさんの人がきました。

「このコは、あっち! そのコはこっち!!」

おじさんと話しをしては、ケージの扉をあけて
あたしの仲間達をどこかに連れて行きます。

遂に、あたしのケージにも!













「幸せになろうね!」








おじさんが経営していた‘ペットショップ’が倒産したのでした。

以前から、wan達の状態が悪い!!!
と気にかけていた保護団体が、一分一秒でも早く
一匹でも多くのwanをレスキューしたくて連日駆けつけ、
 
 お金に替えられる犬はまだいないか

と色めくおじさんと根気良く交渉し続けてくれたのでした。






あれから一年。
朝日新聞系 週刊誌AERA

『犬ビジネスの「闇」』

20081208_s_1.jpg


という特集が組まれました。ここにでてくる

‘昨年ペットショップを閉店した男性(41)’は

たぶん・・・・・

あたし達が居たところのおじさんです。


おじさん
「いつのまにか感覚が麻痺し、
犬が商品にしか見えなくなった。〜略〜
私のもとにいる犬は不幸だった。
いまはやめて良かったと思う。」と語っています。



おじさん本当にそう思っていますか?

おじさん ありは今でもシッポを追う癖が治らないよ。
りた姉みたいに、チチハハに上手に甘えたいのに、
うまく伝えられないときがあるんだよ。

あり達おじさんみたいに
簡単に過去を忘れられないんだよ。











おじさんのところからレスキューされた後
CATNAPという団体があたしを保護してくれました。
そこで えむちゃんあたしの初めてのママになってくれて

ありしあっていう素敵な名前をくれて
一緒に幸せを、家族を探そう♪って約束してくれました。



えむちゃんは お約束を守ってくれました。
新しいママに、
ありちゃんには、唸りながらシッポを追いかけてグルグル回る
‘側頭葉癲癇’とみられる症状があります。
自分自身も、人も傷つけることはありません。
でも唸りながら回るので回っている時に、歯があたってしまうことがあるかもしれません。
それでも大丈夫でしょうか?」

ありの幸せを願えばこそ、本当のことを
ちゃんと 伝えてくれました♪
ありがとう えむちゃん。





もしありが・・・・・・
仔犬のころペットショップに陳列されて、



「ミニチュア・ダックスは小型犬ですので、飼い易いですし
あまり吠えませんよ」



なーんて、セールストークを信じた家族に迎えられたとしたら、

唸りながら回るあたしの現実に直面した時、

それでも愛し続けてくれたかな?









皆様のwanちゃまはどこからきましたか?

ママwanに会わせて欲しいとお願いしたら、
快く会わせてくれますか?

会わせてくれないのは、それなりの理由が必ずあります。


長くなってしまいました。
最後までありしあのお話し聞いてくれてありがとうございました。

一匹でも多くの仲間達に 大切な家族が見つかりますように。
ニックネーム あどぅる at 13:27| Comment(6) | TrackBack(0) | Alicia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。初めまして。naomikaと申します。
我が娘しずく(シーズー、推定4歳)も、ありちゃんのようにCATNAPによってレスキューされました。
しずくは捨て犬だったようで、ありちゃんがいた状況とは異なりますが、人間の勝手で一時はかなり惨めな思いをしたことがあるようです。
そのせいか、私にもなかなか心を開いてくれませんでした。
今でも、まだまだかな、と思うことがよくあります。
私は犬を飼うのが初めてなので、至らない点が多いからかもしれません。
だけど、しずくのことが大好きです。

クリスマスのある12月。
サンタさんがみんなに素敵な家族をプレゼントしてくれますように。

まとまらなくてごめんなさい。
Posted by naomika at 2008年12月09日 22:41
アリちゃん、えむこはこの文章を読んだら、涙が出てきたよ・・・たらーっ(汗)
でも、こうして涙を流せるのも、
今のアリちゃんの幸せがあってこそ。
アリちゃんのすべてを受け入れて、愛してくれるママに、
たくさん感謝しようねかわいい

アリちゃんの新しい犬生が始まっってから、
もうすぐ一年が経ちますね。
この先もずっとずっと、アリちゃんが幸せでありますようにぴかぴか(新しい)

Posted by えむこ at 2008年12月10日 16:19
naomika様

コメントありがとうございます。
しずくちゃんも辛く悲しい時を過ごしたんですね。
辛くて悲しい時期があったけど、だからこそ
naomikaママに出会えたし、
今は、深い愛情につつまれているんだと思います♪

ありも、ゆっくりゆっくりハハと仲良しになります!
しずくちゃんにも、ありにも、ママと過ごす時間はたくさんあるはずだからグッド(上向き矢印)
Posted by あどぅる at 2008年12月11日 13:22
えむちゃん

えむちゃんにも、たくさん‘ありがとう’!

ありが幸せなwanでいられたら、
世の中から 悲しいwanが一匹減ることになるんだって。
たった一匹だけど、その一匹がどんどん増えたら
悲しいwanが減るはずなんだよってハハが教えてくれたの。
だから、ありは幸せの一匹として頑張らなきゃ手(グー)
Posted by あどぅる at 2008年12月11日 13:37
こんばんわ!そして・・・オジャマします♪

アリシアちゃんの記事、ココまで読ませて頂きました。
これからどうしても、友達に会わなくてはならず・・・
続き、また明日読みます。
ただ・・・この涙どうしたらいいんだろう?
そして、あどぅるさん、本当に有難う!
えむさんのブログにもきっとお邪魔しますね・・・
えむさん、シカゴに行かれてるんですね・・・
シカゴからアリシアちゃんを見守ってくださってるんだ♪

ではまた明日・・・
あ、そーだ!私の誕生日も4月27日なんです♪
Posted by ぺこちっち at 2010年04月18日 21:21
ぺこちっち様

最初から読んで下さっているんですね♪
ありがとうございます!

今日という日を 何回も重ねて・・・今
振り返れば あ〜そんなこともあったね
笑って話せるし、あんときの方がお利口じゃぁーん
なんてことも。


ぺこちっちさんは、4月27日がお誕生日なんですね!
もうすぐですね、おめでとうございます♪
それから、ぺこちっちさんを優しい人に育ててくださった
お父様とお母様にも、おめでとうございます!!
Posted by あどぅる at 2010年04月18日 23:49
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1595253

この記事へのトラックバック